池袋で親切丁寧に対応してくれる不動産屋を徹底比較!

通学先に対応してもらえる池袋の不動産屋について

通学先に対応してもらえる不動産会社目的の大学や専門学校に入学することが決まった後、その学校の近くで住まいを探すならどんな不動産屋さんに依頼すればいいでしょうか?例えば池袋の不動産屋さんといってもとても沢山の数があります。
実は大学でも入学案内に不動産屋さんの紹介を詳細に載せているところはそんなに多くはありません。
寮が完備されていれば問題はありませんが、それでも入れる人数に限りがあります。
そこでここでは通学先に対応した池袋の不動産屋さんについてご紹介します。
物件探しの一つの目安として参考にしてください。

多くの不動産屋さんが学生生活応援キャンペーンをしている理由

最近の不動産屋さんのサイトを見ると、3月や4月には多くの学生向け物件を掲載しているのを見かけます。
これは多くの会社が学生生活応援キャンペーンと銘打ってプロモーションをかけています。
最近の傾向は体ひとつ(と言っても衣服や教材、PCは必要です)ですぐ生活できるプランに人気が集まっています。
特に大学や専門学校周辺の物件はそのような「生活家電類仕込み物件」が数多くみられます。
実は今から数十年前だと学生生活を送る場合の両親の仕送りはかなりの額でした。
確実に10万円程度は仕送りし、またイニシャル(生活するための道具を用意する)コストもかなりしたはずです。
ところが最近では生活家電が付いて、イニシャルコスト(実際は長期契約すれば元は取れるようになっている)はかけずにすぐ入居できるプランが揃っています。
中には格安で引越し業者をあっせんしてくれる不動産屋さんもあるくらいです。
どうしてこのような形が広まってきたかというと、実際は親がかりで不動産物件を決める訳で、もちろん中には自分で稼いで学業を送る学生もいるでしょうが、ほとんどが親の仕送りで半分は生活しています。
つまりとりっぱぐれがない、ということから多くの不動産屋さんが学生生活応援キャンペーンをやっています。

最近は地域別・学校別のキャンペーンが展開している

ここでご紹介しているコラムは池袋をメインとした通学先に対応してくれている不動産屋さんという内容ですが、例えばリブスター不動産という会社を例にご紹介します。
この会社は「豊島区周辺の大学・短期大学などの学校を紹介した後に学校別に特別優待キャンペーンを展開しています。
実は学校別、通学先別にキャンペーンを展開して物件を紹介しています。
もちろん同じ内容で展開してる場合もありますが、細かく場所を分けて通学先に便利な場所の物件を紹介している例が数多くあります。
つまり学生側からすると、自分の通う大学別、場所別で物件が選べるので非常に便利なサービスとなっています。
またお得なキャンペーンもあるので学生側からすると選びやすい内容になっています。
このようなサービスは大手の不動産屋さんなら(支店があるところ)たいていはそのシーズン中にキャンペーンを展開しています。
例えばリビングカフェ(株式会社ワイズエステート)というサイトは実際に不動産業を営んでいますが(サイトだけではないという意味)、学生向け賃貸サイトを展開しています(http://gakusei-room.net/)。
この学生賃貸というサイトは立教大学・帝京平成大学を中心に大学から15分以内の物件を紹介しています。
実はこのような不動産会社は池袋には数多くあります。
もちろん支店が多いミニミニ池袋店などでも時期がくるとキャンペーンを組んで通学先をメインに考えた賃貸物件を紹介しています。
今では多くの池袋不動産屋さんが学生向けのキャンペーンを行って物件を紹介しています。
学校別になっているので是非一度相談してみるとよいでしょう。
非常に便利です。

池袋不動産ランキング!
リブスター
エイブル(池袋西口店)
イエプラ
アエラス池袋店
ミニミニ(池袋店)