池袋で親切丁寧に対応してくれる不動産屋を徹底比較!

お盆やお正月休みに不動産会社に行ってはいけない理由とは?

長期休暇の時期は時間に余裕があり、その機会を利用して賃貸物件を探そうと考える方が多いです。しかし、お盆やお正月などの長期休暇は、営業していない不動産会社も少なくありません。

店ごとの定休日や営業時間を確かめよう

不動産会社を探す場合、店舗によって定休日や営業時間が違うため事前に確認して行くことが大事です。長期休暇期間中は時間に余裕があるため、物件を探すタイミングとして選びがちですが、お盆やお正月は営業していない店舗もあるため注意しましょう。定休日や営業時間は各店舗のサイトなどで紹介されていますが、情報がない場合でも念のため電話で確認する方が望ましいでしょう。

賃貸物件を探す際は、内見などじっくり時間をかけたいですから、長期休暇期間を狙って店に行こうと考える傾向があります。このように考える方は多く、利用者が集中しやすくなるため、事前に予約をすることが大事です。遅くまで営業している店舗であれば仕事や学校などの帰りに立ち寄れて便利ですが、いきなり来店すると、他の利用者がいるため待たされる時間が長くなるでしょう。定休日の前後は他の日に比べると特に利用者が増える傾向があるので、必ず事前に電話で予約をするようにしましょう。

長期休暇期間の事情や特徴を把握する

不動産会社は基本的に一般企業などと同じで、お正月やお盆は休暇を取る傾向があります。長期休暇期間は物件を探す絶好の機会だと思いがちですが、店舗が営業していない可能性を考えることが大事です。

長期休暇期間中は店のスタッフも休みを取ることが多く、対応できる人数が限られるため希望通り対応してもらえないこともあり注意が必要です。物件を探す時期は人それぞれですが、営業する店舗が限られると必然的に利用者が集中し、時間をかけて対応してもらえないこともあります。事前に予約ができると待たされずに対応してもらえますし、要望を伝えやすくて安心できます。

長期休暇期間は時期によって様々な事情があるもので、物件を探すためには営業する店舗を確認しスタッフと相談しやすくすることが大事です。賃貸物件は安易に考えて決めると入居してからトラブルが起きやすく、じっくり時間をかけて納得してから選ぶようにしましょう。

夏休みや冬休みに安心して家を探す方法の決め方

夏休みや冬休みは時間に余裕があり、賃貸物件を探すために不動産会社を利用する時期として考えがちです。店舗の営業時間や定休日はサイトに紹介しているため参考にすると便利ですが、お正月やお盆は特殊なため、電話で再確認して行くことをおすすめします。

物件を探す時は店舗のスタッフの数が足りないと対応してもらえないため、事前に電話で予約できるか確かめましょう。賃貸物件はサイトの写真だけで判断すると入居してトラブルが起きることもあり、内見して目で確かめスタッフと相談して決めることで安心できます。夏休みや冬休みは引越しの需要が高く、転勤や進学などに備えて物件を探す傾向があり店舗の利用者も増えることを認識することが大事です。安心して家を探す時は店が混雑しやすい時期を避け、スタッフと相談しやすくすると要望を伝えやすくなるため良いと思います。

夏休みや冬休みに家を探す時は店の定休日を確かめ、利用者が集中しやすい時間帯を避けて段取りを決めることが大事です。店舗の利用者は定休日の前後になると増える傾向があるので、べく繁忙期を避けてスムーズに希望する物件を探せるようにすると安心できます。

池袋不動産ランキング!
リブスター
エイブル(池袋西口店)
イエプラ
ソレイユ池袋店(旧:アエラス池袋店)
ミニミニ(池袋店)
池袋不動産コラム