池袋で親切丁寧に対応してくれる不動産屋を徹底比較!

池袋への通勤・通学におすすめの路線・駅は?

公開日:2021/03/01  最終更新日:2020/12/22


池袋に通学・通勤することになったときに「池袋に行くのにおすすめの路線を教えてほしい。」「できれば朝はゆっくり座って通勤・通学したい!」というお悩みはありませんか?通学や通勤はできるだけ楽に済ませたいですよね。そこで今回は、池袋への通学・通勤におすすめの路線・駅についてご紹介します。ぜひ、参考にしてくださいね。

東部東上線

1つ目の池袋への通学・通勤におすすめの路線は「東部東上線」です。東上線は、池袋と埼玉の中部の寄居を結ぶ路線で、途中に板橋区、和光市、朝霞市、志木市、川越市、などの市区町村を通ります。

とくに、東武東上線の中でも「和光市駅」がおすすめの駅です。和光市は、埼玉県のなかでも東京の区部(板橋区)に接しています。和光駅は、副都心線と有楽町線の始発駅になるので、混雑率はそれほど高くありません。また、和光市から池袋間はさまざまな路線があるので、そこから先は混雑が分散されます。通勤ラッシュの時間帯では4,5分間隔で電車が来るので、少し待てば座ってゆったり通学・通勤できます。

ベットタウンとして開発された街なので駅から10分も離れると、閑静な住宅街しかありませんが、駅前にスーパーが何店舗かあります。混雑率が高くないので、和光市付近はじわじわと人気が高まってきているエリアでもあります。和光市駅周辺の今後は、人気な街になることが予想されています。

西武池袋線

2つ目の池袋への通学・通勤におすすめの路線は「西武池袋線」です。西武池袋線は、池袋から埼玉の所沢や入間などへつながる路線です。とくに埼玉県に住んでいる人が都心へ通学・通勤するのに、よく利用していえる路線でもあります。

池袋駅からもさまざまな都心にアクセスできるので、西武池袋線を拠点に移動しやすくなります。ですので、池袋へ通勤・通学するのに、西武池袋線上の物件を探してみるのもよいでしょう。

西武池袋線の中でもおすすめの駅は「石神井公園駅」です。池袋駅まで約12分で到着できます。そのほかの主要駅にも30分ほどで到着できるので、家賃相場も考慮するとリーズナブルです。

また、石神井公園駅周辺は、昔ながらの情緒を保ち、落ち着いたたたずまいを持ちながらも都心に近い点で住みやすい街といえるでしょう。駅付近の歩道は整備されていて、ゆっくり安全に歩くことができます。

副都心線

最後に紹介する池袋への通学・通勤におすすめの路線は「副都心線」です。副都心線は東京都練馬区の小竹向原駅から、渋谷を結ぶ東京地下鉄の鉄道路線です。

副都心線の中でもとくに通勤・通学におすすめの駅が「千川駅」になります。「千川駅」は池袋からたった2駅で、東京メトロ有楽町線も通っているので、アクセス性が高いです。池袋に近いだけでなく、閑静な住宅街もあり、人通りが少なく歩きやすく、治安もよく、落ち着いた雰囲気の住宅街が広がっています。

学校や公園が多く、ファミリー層も住んでいることから、治安もよくて安心です。駅前にはスーパーがあるので、自炊派の人でも生活しやすくなります。急行は停まりませんが、その分急行停車駅よりも家賃が低めになるようです。池袋に近くて、治安のよい場所を探しているのであればうってつけの街だといえるでしょう。

 

池袋に通勤・通学する際にできるだけ、ゆっくり座って通勤・通学したいですよね。他にもおすすめの路線はありますが、今回ご紹介した路線と駅は池袋へ通学・通勤がしやすいエリアです。池袋への通勤・通学で選ぶ際は自分の重視する条件を軸にして、自分が住みたい街の選択肢を増やしていきましょう。そうすることで、住みたい物件・理想のお部屋が見つかりやすくなります。ぜひ、参考にしてくださいね。

池袋不動産コラム