池袋で親切丁寧に対応してくれる不動産屋を徹底比較!

初めての1人暮らしで注意すべき点

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/08/21

初めて1人暮らしをするときは、新しい生活への期待が膨らむ半面、不安を感じるという人も多いでしょう。そこで今回は、時間やお金の管理に関する注意点や、部屋探しをするときに気を付けておいたほうがよいことについて紹介します。

1人暮らしでは時間やお金の管理が大切

初めての1人暮らしは、これまで暮らしてきた実家を離れての生活になりますし、時間やお金の管理など、何でも1人でやることになります。まず時間の管理については、しっかりと自制するようにしないと、生活のリズムが乱れてしまうことがあるということに注意すべきです。

1人で暮らしていると、実家にいるときのように夜ふかししても誰かが注意してくれるわけではないため、どんどん生活のリズムが乱れて学校や会社に遅刻してしまうということにもなりかねません。ですので、1日のスケジュールを決めて意識的にそれを守るようにするなどの、自己管理が大切になります。

次に、お金の管理に関しては、仕送りや給料などを上手くやりくりしながら使っていく必要があります。家賃や食費、光熱費などの基本的な出費がいくらかかるのかをまず計算すれば、自由に使えるお金がどれぐらいあるのかということがわかるでしょう。そして、その自由に使える範囲で好きな買い物などをすれば、予算がオーバーすることはありません。

1人暮らしの部屋探しをするときの注意点

部屋探しをするときは不動産会社へ行って相談することになりますが、探す際に注意しておいたほうがよいことがあります。まず挙げられる注意点は家賃に関することであり、あまり金額が高くなりすぎないようにするということです。

家賃は、生活費全体から見ても大きなウエイトを占めることが多いので、高すぎると生活に大きな負担がかかってしまいます。一般的に、家賃は月収の3分の1以下に抑えるとよいといわれているため、それを一つの目安にするとよいでしょう。

次に挙げられる注意点は住むエリアに関することであり、学校や職場からあまり遠すぎると、通学や通勤の負担が大きくなってしまうということです。そのため、できるだけ学校や職場に近い場所を選ぶのが基本ですが、家賃などの都合で離れた場所を選ぶ場合は、交通アクセスがよくて30分以内で通えるようなところを探すとよいでしょう。

その他に挙げられる注意点としては、賃貸の建物の構造によっては隣の部屋などの騒音が気になる場合があるということです。木造は、家賃は安い傾向にありますが騒音には弱いという欠点があるため、気になる場合は騒音に強い鉄筋コンクリート造の賃貸を探すとよいといえます。

女性が1人暮らし用の部屋探しをするときの注意点

とくに女性の1人暮らしの場合に注意しておいたほうがよいこととしては、地域の治安や建物のセキュリティーに関することがあります。まず治安については犯罪が多いエリアもあるので、気になる場合は実際にそのエリアを歩いて、街の雰囲気などを事前にチェックしておくことが必要です。

あるいは、犯罪情報マップのようなものが公開されている地域であれば、それを確認しておくのもよいといえます。次に建物のセキュリティーに関しては、関係者以外の侵入を防ぐことができるオートロックの設備があるかどうかも重要になります。オートロックがあれば万全というわけではないため過信するのはよくありませんですが、安心感を得たい場合は部屋探しの条件の一つにしておくとよいでしょう。

 

初めての1人暮らしでは、生活のリズムが乱れないように時間の管理をすることや、予算オーバーしないようにお金の管理をしっかりすることが大切です。部屋探しについては、収入に対して家賃が高すぎないか、通勤通学に不便でないエリアかといったことに注意する必要があります。さらに女性の部屋探しに関しては、地域の治安が悪くないかどうかや、オートロックなどのセキュリティーが充実しているかどうかということが重要になるでしょう。

池袋不動産コラム