口コミにも目を通して不動産会社を決めよう

公開日:2018/08/28  

賃貸マンション物件は、家族のライフスタイルの変化に合わせて気軽に借りることができます。子供が成長して部屋が狭くなったら、もう少し広い間取りのところに引越しをすることができますし、また転勤が多い会社で働いている場合は、引越しの回数も多くなります。

生活スタイルに合わせて住み替えることができる

家族の住まいへの条件は、住み続けているうちに変わることもあります。結婚や出産などで家族の人数が増えることもありますし、収入の変化もあります。長いサイクルで変化する場合も、短いサイクルで変化する場合もあります。さまざまな変化に対応してくれるのが、賃貸マンション物件のいいところです。

金銭面でも、初期費用と毎月の家賃を払えば住み続けることができますし、引越しをしたいと思った場合は、契約を解除してまた新しい物件を探すことで簡単に住み替えることができます。一戸建て物件や分譲マンション物件などの場合には、手続きも大変ですし、購入金額も高いですし、簡単には引越しをすることはできません。

ですから、家族の生活スタイルに変化があった場合などに、気軽に引越しができるところに住みたいと考えている場合は、賃貸マンション物件がおすすめです。

いい不動産会社なのか実際に調べてみる

賃貸マンション物件を探す場合には、住みたい場所を決めて、まずはその場所にある不動産会社を探します。最近ではインターネットを使って自分で間取りや条件を見て探すこともできます。インターネットなら、好きな時間に好きな場所で物件探しができるので便利です。

そして実際に気に入った間取りの物件が見つかったら、その物件を取り扱う不動産会社に行って契約をします。しかしいろいろな不動産会社があるので、どこがいいのかを見極めるのは難しいです。そこでおすすめなのが口コミを利用することです。口コミでその会社の評判などがある程度把握できますから、しっかりと調べていくことがおすすめです。それでもわかりづらければ、大手の会社に行くというのも手です。大手はそれだけ多くの方が契約をしている会社ですので、安心感はあります。

内見に行ってみて実際に確認する

実際に不動産会社に行って、賃貸マンション物件を探す場合には、自分達の住みたい条件をしっかりと伝えることが大事です。そしていくつか条件にあった物件を探してもらったら、その中から数軒ピックアップして、実際に内見に行くことがおすすめです。内見に行かないと、雰囲気や周辺環境もわからないですし、写真だけでは大きく感じた部屋でも狭く感じる場合などもあります。

また室内や外観のきれいさなども、重要なポイントです。きれいさなどは、実際に行ってみないとわからないので、まずは内見をすることが大事です。そして駅からその物件までの道順も見ておくといいでしょう。駅から物件までの道のりの間に、混んでいるところがあったり、踏み切りがある場合などは、朝の忙しい時間帯などになかなか開かないという場合もあります。また昼間などは気にならなくても、夜になると駅からの帰り道など暗い場合もあったりします。子供がいる家庭などの場合は、夜に学校から帰ってくる場合もあるので、きちんと調べておくことが大事です。そして、きちんと納得した上で、契約をしましょう。

 

WRITER沢野圭太
埼玉県出身。不動産歴6年。
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナーとしての視点で不動産情報を日々発信しています。
自身も不動産屋として接客の経験を持ち、本当に求められる安心できる不動産屋情報の発信に努めています。
SEARCH

CONFLICT

池袋不動産コラム

NEW POST

賃貸物件を借りようとする際には、たいてい保証人が必要になります。しかし親に頼みにくい場合、頼める家族がいないなど保証人がなかなか見つからないということもあるでしょう。そのような場合は、賃貸契
続きを読む
賃貸マンションやアパートなどの物件を探していると、RC構造やSRC構造という言葉を見たことがある人も多いのではないでしょうか。RC構造やSRC構造というのは建物の構造を表しており、それぞれに
続きを読む
賃貸物件の契約を更新したいけれど、費用がどのくらいかかるのか、手続きはどうなるのかとお悩みではありませんか。この記事では、賃貸物件更新の際にかかる費用や手続きの流れについて、ご紹介します。契
続きを読む