池袋で親切丁寧に対応してくれる不動産屋を徹底比較!

一戸建ての不動産購入時の必要書類と用意すべきタイミング

公開日:2021/06/01  最終更新日:2021/02/15


一生に一度の大きな買い物として、一戸建ての購入が挙げられます。一般的には30代で購入する人が最も多く、40代以降になるとその数は減少するようです。結婚や出産、子どもの就学などのライフスタイルや環境の大きな変化により購入を検討する人が多くなっています。自分と家族のライフステージに合わせて、最適な時期に購入を検討するとよいでしょう。

一戸建て購入の流れとはどのようになっているのでしょうか

まずは建売住宅の購入か、土地を買って家を建てるのかのどちらにするかによって、流れや手順が異なります。建売住宅は土地と建物を合わせた価格が決まっているため資金計画が立てやすく、手続きが少なく済むようです。先着順や抽選など、申込方法はさまざまあるため事前に調べてください。

また2~10万円程度の「申込証拠金」が必要なケースもあります。ただし、この「申込証拠金」は、キャンセルすると戻ってこない場合もあるので、慎重に支払うことが重要です。

一方、土地を買って家を建てる場合は、希望に合った間取りや設備を手に入れられ、住みやすいようにカスタマイズできるというメリットがあります。ただし、住宅会社と打ち合わせをしながら家を作っていくので時間も手間もかかるのです。

建売住宅は見学に行き、注文住宅は展示会に足を運ぶなど、比較しながらどちらが自分たちに合っているのか検討して進めていくことが大切でしょう。高額な買い物になりますので、冷静な判断が求められます。

一戸建て購入の際に必要な書類とは

一戸建てなどの不動産を購入する際には、どのような必要書類があり、どのタイミングで準備すればよいのでしょうか。「この家にしよう!」と決めたら、まずは手付金や住民票などの必要書類を事前に準備しておきましょう。

必要書類提出後7~10日前後に、宅地建物取引士が物件の重要事項を説明するので、ここで売買契約を交わし手付金を支払います。手付金は、指定口座への振り込みの場合が多いようです。この売買契約の際の必要書類は、基本的に実印・印鑑証明(ローン契約の場合)、印紙税、手付金、収入証明書、住民票とされています。これらは不動産会社によって異なりますので、漏れのないようきちんと確認をしておきましょう。

重要事項説明では建物・構造などの詳細について説明されます。専門用語が多くわかりづらいなど、不明点・疑問点がある場合は、ここで遠慮なく担当者に聞いてください。契約後のキャンセルでは手付金が返金されず、締結後の契約変更も難しいので注意を払いながら慎重に進めましょう。

池袋で一戸建てなどの不動産を探したい時は

池袋には、新宿や渋谷と同じく、百貨店や商業ビルが立ち並びオフィスも数多くあります。電車も山手線、埼京線、湘南新宿ラインや有楽町線、丸ノ内線、西武池袋線など多くの線が乗り入れており、交通アクセスのよさは日本屈指です。便利な地域にあり、豊島区では不動産価格が手頃な物件を見つけられる人気の地域でもあります。

利便性がありながら、新宿や渋谷よりもリーズナブルな物件が多数あることが魅力でしょう。住宅を構える土地としても、繁華街が多く夜遅くでも人通りがあるので安心感を持てます。また、8つの路線が乗り入れているので、通勤通学にもとても便利です。

サンシャイン60やナンジャタウンなど楽しめる施設もあり、学生街でもあるため、学生向けのリーズナブルな飲食店なども豊富にあります。東京芸術劇場などもあり、文化の街としての一面も見受けられるでしょう。池袋で不動産購入や賃貸を検討している場合は、地域に根づいた不動産業者に相談してみることが一番です。

 

さまざまな魅力を持つ街である池袋は、近代的で楽しめる一方、リーズナブルな不動産を見つけられます。地域の景観や雰囲気のよさ、利便性の高さとリーズナブルな一戸建て情報などがあります。地域に根づいた情報を持ち、最新の物件を案内してくれるところに相談してみると、自分にぴったりの家が見つかるでしょう。

池袋不動産コラム