池袋で親切丁寧に対応してくれる不動産屋を徹底比較!

池袋で一人暮らし用の部屋を探すときに気を付けるポイント

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/12/22


池袋で一人暮らしすることになったときに「一人暮らしの物件をどうやって見つけたらよいのかわからない」「気を付けるポイントがあったら教えてほしい。」とお悩みではありませんか?物件を選んで住むことになったときに、後で失敗したりすると嫌ですよね。そこで、今回は、池袋で一人暮らし用の部屋を探すときに気を付けるポイントについて解説します。

譲れないこだわりを明確にしておく

1人暮らしの物件を見つける際に気を付けたいポイントは「譲れないこだわりを明確にしておく」ことです。物件を探すときに、不動産会社に「ここだけは譲れないこだわり」を最初に伝えておき、そうすることで、スムーズに部屋探しを行うことができます。家賃や利便性、住むエリアの治安など気になるポイントはたくさんあると思いますが、すべてを叶えられる物件は中々見つかりません。

まずは、「間取り」「バス・トイレは別なのか」「部屋の位置は2階以上か」や「エアコン」「キッチン」などの外せない設備はないかなど、検討しておきましょう。初めての1人暮らしだと、どんな設備が必要かわからないかもしれません。

先に、一人暮らしをしている先輩や友達に話を聞いて、一人暮らしのイメージを具体的にしておくのも大切です。あれもこれもと欲張ると、希望の物件が見つからなくなるので、希望の条件に優先順位をつけて、順位の高い条件を優先して物件を探すなど柔軟に対応するようにしましょう。

自炊するならキッチン独立

自炊するならキッチンが独立している物件にしましょう。ワンルームだと、料理で服や部屋に匂いがついてしまう、スペースが狭くて料理がしにくいなど起こりがちです。頻繁に料理をする方であれば、1K以上がおすすめです。

独立型のキッチンにすれば個別の空間になるので、自分の好みのインテリアを配置したり、機能性を高めたり、使い勝手をよくすることもできます。料理器具が多い、調味料や食材をストックしたいという場合にも相性がよく、自分らしい好みの空間で料理をつくることができるのは魅力的ですよね。

しかし、一人暮らし用の部屋ではワンルームの物件も多いです。また、家賃とも兼ね合いがあるので、間取りについては引っ越し後のライフスタイルと一緒に検討して決めていきましょう。

気を付けたいポイントをチェック

その他にも1人暮らし用の部屋を見つける上で、気を付けたいポイントはたくさんあります。部屋の広さや湿気、アンペア数、陽当たり、駅からの距離、住民マナーなどが挙げられます。物件のあるエリアの治安は、住み心地に大切です。

ネット上でも治安についてはある程度調べられるので、エリア選びや、最寄り駅を決めるときと一緒に確認しておきましょう。治安がよい目安としては、ファミリー層が多く、幼稚園や学校が多い地域です。こういったエリアは子どもが多くて防犯対策が充実しています。物件が絞れたら、できれば夜にも足を運んで、夜の道の雰囲気や街灯の数を見て不安な点がないかを確認するようにしましょう。

また、近くの病院があるかどうかも大切です。物件の周辺の環境はコンビニやスーパーを重視する人が多いですが、一人暮らしになったときに急な病気やケガにも備えた方がよいので、近くの病院についても要チェックです。診療時間や土日にもやっているか確認しておきましょう。

 

今回は、池袋で一人暮らし用の部屋を探すときに気を付けるポイントについて解説してきました。一人暮らしの部屋を探すときの一番重要なポイントは、「自分の譲れないこだわりをしっかり持っておく」ことでした。すべてが満足のいく物件はなかなか見つからないので、まずは、こだわりの条件を基準にお部屋探しをしていきましょう。その他にも気を付けるポイントを解説しましたので、理想の住まい探しに役立ててくださいね。

池袋不動産コラム