池袋で親切丁寧に対応してくれる不動産屋を徹底比較!

不動産屋の営業時間はどれくらい?

池袋で家を借りる・買う・売る、の相談をするならば、不動産屋で行うことが一般的です。

しかし何も知らずに出向いても、定休日や休憩中である場合もあるため、営業時間をしっかり調べてから来店しましょう。

 

一般企業と同様の営業時間を掲げる

池袋は3大副都心の1つで賑わいもあり、池袋周辺に住みたいと思ったことのある人は多いのではないでしょうか。

しかし物件を探すとなれば、情報収集のために不動産屋での相談は必須です。

ぴったりの物件を見つけるプロに相談するにしても、見学や契約するにしても、効率よく進めるにはその営業時間がカギを握るのです。

不動産業も一般企業同様だいたい10:00~19:00の時間帯で営業しています。

しかしスタッフの数が少なければスムーズに対応をしてもらうことは難しいでしょうし、19時ギリギリであれば少ない時間で数多くの物件の資料を出してくれることないでしょう。

また、内見に行きたい場合もスピーディーに対応できないことが多いでしょう。

そのため、できる限り事前予約をすることが大事です。

また、遅くまで営業しているのであれば、退社や下校時に立ち寄れて便利ですが、いきなり来店すると、他の利用者もいるために小1時間待つことも考えられます。

特に定休日の前後は利用者も増える傾向があるので、事前予約をするように心がけましょう。

また、お盆や正月などの長期休暇は、一般企業などと同じく、営業していない不動産屋も少なくありませんから、定休日も含めて確かめてから来店しましょう。

 

年中無休や遅い時間にも対応しているところもある

賃貸物件を探す時、どうしても土日や休日になりがちですが、夜遅くまで営業している不動産屋があると心強いものです。

年中無休の不動産屋がないのでしょうか。

そうすれば土日や休日も対応してくれるはずですし、柔軟性もあります。

普段は仕事なのに、都合によって急に時間が空くこともあるかもしれません。

そんなタイミングでもサッと来店できれば、内見も可能でしょう。

眠らない街が多いエリアとして、池袋も例外ではありません。

また池袋は近隣に大学や専門学校なども多く、巨大商業施設も比較的多くあるので22:00などの夜遅くまで営業していたり、実は年中無休での営業を掲げる不動産屋も沢山あります。

業界ならではでしょうが、水を嫌うために定休日を水曜日とするところも多いようです。

銀行の窓口などは土日に開いているところは少ないですし、口座を開設に行ったり、住宅ローンの相談をするために平日に休みを取って行く人もいるかもしれません。

だからこそ、年中無休は心強く感じられます。

 

チャットなら遅い時間でも情報収集できる

他にも不動産屋の営業時間を逆手に取ることができるサービスも展開されていることをご存じでしょうか。

例えば予約制で行っている不動産屋も少なくありません。

丸1日時間を使って、条件に合った物件探しのサポートをしてくれます。

もちろん予約優先ですから需要期であれば、予約が取りにくい、対応が追いつかない可能性が少なからずありますから注意しましょう。

また、物件情報を収集するために来店しなければなりませんが、非常に便利なサービスとなるのはチャットでの情報収集や提供です。

この場合は深夜0時までの受付に応えているようで、即返信をくれるのであれば魅力ではないでしょうか。

夜しか部屋探しの時間が割けない人にとっては、人気の部屋をどこよりも先に知ることもできます。

夜遅くに空室情報をチェックすることもできます。

また、昼に問い合わせた内容の確認もすることができるなど、営業時間だけで様々な人のサポートに繋がっているようです。

 

池袋は、眠らない街としても機能していたり、住みたい街としても人気です。

そのニーズからか、不動産屋の数も多い傾向にあります。

物件探しをするために、来店することは必須なのですが、営業時間はどれくらいなのでしょうか。

一般企業同様に、営業しているのなら、なかなか足を運びにくいものです。

しかし年中無休、深夜帯まで営業してくれる、サービス精神のあるところも少なくありませんから、効率よく探す、相談ができます。

池袋不動産コラム