池袋で親切丁寧に対応してくれる不動産屋を徹底比較!

不動産会社の担当の方と仲よくなった方がいい?

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/11

新生活などを開始するときに住まいが必要になりますが、住まい探しを個人的に行うのは難しいので、不動産会社を利用するのが賢い方法です。不動産会社のサービスを利用するときに担当者がそれぞれのお客さんに付きますが、仲よくしておくことでメリットを受けることができるかもしれません。

仲良くなれば安くていい物件を紹介してくれる?

新生活を開始するときに住まいを確保する必要がありますが、毎月の家賃が高いと生活が苦しくなってしまいます。しかし余りにも安い家賃を求めて、通学や通勤する場所から距離が離れてしまうと日常生活を送るときに不便です。各自の用意できる範囲の家賃で通勤などがしやすい住まいを探そうとすると難易度が高くなるので、不動産会社の協力が必要になります。

不動産会社のサポートを受けることで、良質な物件を見つけやすくなりますから、多くの人にとって頼りになる存在です。基本的にお客さんには担当者が付くので、その人に理想的な住まいの条件などを伝えておくのが大切になります。担当者との信頼関係が深まれば、良質な物件の中で空き部屋が発生したときに、真っ先に部屋を紹介してくれる可能性もありますから、仲よくしておいたほうがお得な可能性があります。

私情で「仲がよいから」といってよい条件の物件を紹介することはなくても、良好なコミュニケーションをとっていることでニーズに合致した物件をいち早くお知らせしてくれる可能性は高いでしょう。また少し駅から距離が離れるだけで、家賃が大幅に下がる物件などの情報を持っていることもあるので、好条件で住める物件を見つけやすくなります。毎月の生活費の中でも家賃は大きな支出になりますから、妥協せずに暮らしやすい物件を探すのが重要です。

不動産会社を一カ所に絞る必要はない

新しい住まいを確保するときに不動産会社を利用することになりますが、会社自体は日本各地に存在するので、サポートを受ける場所を一カ所だけに絞る必要はありません。利用する不動産会社によって紹介してくれる物件にも違いがあるので、住みたい物件を紹介してくれない場合は他の会社のサポートを受けるのも大切な考え方です。

違う会社を利用すれば違う担当者と仲よくする必要がありますが、住まい探しを妥協してしまうと後悔してしまうので、少しの苦労をしてでも快適な生活を手に入れるのが大切になります。仮に担当者に不満を感じている場合は、会社側にいえば違う人を紹介してもらえるケースもあるので、担当者だけを途中で交代することも可能です。

担当者は物件探しから引き渡しまでの業務を請け負う

住まい探しをするときにサポートしてくれる担当者は物件探しの他に内覧や契約と引き渡しまで業務を請け負ってくれます。基本的にお客さんから過剰に仲よくなる努力をする必要はありませんが、良好な関係を築いておいたほうが安心してサービスを利用できるのは確実です。

しかし担当者の能力が低いと、どんなに仲よくなっても、よい物件を紹介してもらえない可能性が存在します。宅地建物取引士資格を有する人が担当者になってくれれば、高確率で優れた物件を紹介してくれますが、資格を持っていない人ですとサービスの内容に質が落ちてしまう可能性があります。

池袋などの人気の高い地域であれば、不動産会社もたくさんありますし、会社の特徴などを紹介しているサイトも存在するので、そのようなサイトを活用するのもよい住まい探しを成功させる近道です。

 

新しい住まいを見つけるときに不動産会社が便利な存在になりますが、対応してくれる担当者でサービスの質に違いが発生してきます。対応してくれる社員と仲よくなることで、よい物件を率先して紹介してくれるケースもありますから、仲よくするのも大切です。不動産会社はたくさんありますし、池袋などの人気が高い地域であれば会社も多くなります。

一カ所だけでなく他の会社のサービスも利用することで、効率的によい住まいを見つけられる可能性が高いです。社員の宅地建物取引士資格の有無なども重要になるので、事前に不動産会社を紹介しているサイトを活用するのも賢い方法になります。

池袋不動産コラム