池袋で親切丁寧に対応してくれる不動産屋を徹底比較!

池袋の不動産会社で部屋を探すなら何ヶ月前からがベスト?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/07

新生活を始めるために部屋探しをする方も多いですが、その時にはいつから物件を探せばよいのでしょうか。これまで部屋を探したことがない場合だと、早すぎても部屋が空いてない気もしますし、遅すぎても良い物件を逃す恐れもあります。ここではこれから池袋で不動産会社を利用して部屋探しをする方のために、いつから探せばよいかを紹介します。

実際に不動産会社に行くなら12ヶ月前がちょうどいい

池袋で部屋探しをするために不動産会社に行くなら1~2ヶ月前がちょうどよく、例えば8月に引っ越す予定なら6月ぐらいに行くのがベストです。ただ、早い時期に良い部屋が見つかっても仮押さえは出来ないので注意が必要です。

また、不動産会社にいくまでにインターネットなどで色々な物件を見てから、どんな部屋があり、自分が住みたいエリアの家賃相場がいくらかなどを把握しておきます。調べることで自分の希望も明確になり、物件を比較するための知識も得られます。インターネットの部屋探しはいつでも始めることが出来るので、拘りがあるなら早い時期から探しておくと絞り込みやすくなります。

情報を集めるときには希望条件を纏めておくと便利です。内覧して何となくいいと思った部屋に決めるだと、中々一つの部屋に絞れなかったり、ずっと決定できなくなります。先にどんな部屋がいいか纏めておきますが、最低限決めておきたいのが入居する予定日・家賃や管理費(幅を持たせて上限を決める)・立地・部屋の数や広さと階数・設備・駐車場の有無などです。

不動産会社へ行くときに注意したいこと

情報を集めて実際に池袋で不動産会社に行くときには注意したいこともあります。まず出来れば予約をしておいた方がよく、予約がなくても行けますがどこも対応できるスタッフ数は限られています。予約すると待ち時間もあまりかからず、予約で希望条件を伝えることで訪問してからすぐに物件を提示してもらえます。

インターネットで気に入った部屋があるなら、その部屋を管理している不動産会社へ問い合わせをして訪問し、タイミングがあえば早く内覧にも申し込めます。スタッフが希望を聞いてきてしっかりと答えるために、まとめたメモを持参するか、インターネットで見つけた希望の物件を見せるのも良いです。

希望の部屋のイメージが明確に伝わることで、希望通りの物件も探してくれる可能性が高いです。同じ池袋にある不動産会社でも紹介してくれる部屋は違い、可能なら1社だけでなく複数の会社を回れば、もっといい提案がされたりすることもあります。訪問したその日でいい物件を見つけるのが難しいこともあるので、先に訪問の候補日を何日か決めておくといいです。

部屋探しにおすすめの時期について

どの時期にでも池袋で部屋探しは出来ますが、探すときにおすすめの時期もあります。出来るだけ多くの物件情報から部屋を探すなら1月から3月に行うのがよく、この時期は引っ越しシーズンなので空き室になる物件が多く、競争相手が多いので早く申し込まないと良い物件はすぐに埋まります。

良い物件を探すよりも費用を抑えたいときは4月から8月に行うのが良く、7月上旬から8月上旬は、希望者が最も少ない時期なので家賃や初期費用の値引き交渉も成功しやすいです。繁忙期の1~3月に比べると物件数は少ないですが、不動産会社は暇なときなので時間をかけて探すのも手伝ってくれます。

部屋を探しながら行っておきたいのが入居にかかる費用の計算で、引っ越しでは主に賃貸契約の初期費用・家具や家電の購入費用・引っ越し費用がかかります。初期費用は家賃の4.5~5.5ヵ月分くらいが相場で、例えば家賃が8万円だと36万円から40万円ほどです。

家具や家電は必要なものを全て揃えると20万円ほどかかるので、使えるものは全て持っていった方が抑えられます。引っ越し代は時期や荷物量によって違い、距離が近くて荷物が少ないなら軽トラなどを借りて自分で引っ越すことも出来ます。

 

池袋の不動産会社で部屋探しをするなら1~2ヶ月前から始めることが基本で、情報を探すのはもっと前から行うのがポイントです。事前に情報収集をしておいて条件を絞り込み、予約をしてから訪問すると効率よく部屋を探せます。良い物件は早くなくなることも頭に入れて、限られた期間内で自分に最適な物件を探すために準備もしっかりしておくことが必要です。

池袋不動産コラム