池袋で親切丁寧に対応してくれる不動産屋を徹底比較!

池袋の不動産物件を探そう!年齢を理由に断られることはある?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/02

池袋で不動産を探すときに高齢の方だと気になるのが年齢です。一般的に高齢者だと賃貸を借りにくいと言われていて、既に定年退職をしていて賃金収入がないことが多かったり、健康面のリスクから大家から入居を敬遠されやすいと言われています。ここでは一般的に何歳まで借りられるのかに迫っていきます。

入居に関しての年齢の高さと大家の意識について

年齢が高くなるほど池袋で不動産物件を借りるときに不利になりやすいと言われていますが、調査でも大家の約6割は高齢者だと入居に関して何らかの拒否感を感じていると出ていて、ただ、以前よりは弱くなっている方も増えています。

また、実際に入居制限をしている大家もいて、単身で60歳以上・60歳以上のみの世帯・生計中心者が離職者の世帯は不可としているところも1割ぐらいいます。入居審査の結果で通らないことがあるのは事実ですが、最初から入居制限をしている大家はそこまで多いわけではないです。

不動産を借りるときは連帯保証人が必要で、これは借主が家賃を支払わなかったときや、何か問題を起こした時は本人に代わり支払いをする人です。高齢者だと家族などに頼めないなど連帯保証人を立てにくいことがあり、そのため高齢だと連帯保証人を代行する家賃保証会社の利用を求めることが多いです。高齢でも借りれるかは、保証人がいるかや家賃保証会社審査が通るかも一つの指標です。

不動産を借りる年齢の境界は70

一般的に高齢だと池袋で借りようとしても断られることが多いとされていますが、それでも家賃保証会社などを利用すれば借りることも出来ます。ただ、これにも審査があり、その審査も60代だとかなり通りやすいですが70代になると急に下がります。

つまり、賃貸を借りるのに70歳が一つの境界線となっていることになります。入居に関して拒否感を抱いている大家がいるのは事実ですが、高齢化が進んでいる中で高齢だからといって断るところも減ってきています。

実際に貸すかは方針次第で、高齢でも入居に理解がある物件だと、シニア相談可能で探すことも出来ます。高齢になると家賃の支払い能力や健康面の心配などリスクが強調されますが、その一方で若い単身者やファミリーの入居と違い、家族構成やライフスタイルの変化が少ないです。

一度契約を結ぶと長期間にわたって住み続けてくれる優良顧客でもあり、規則正しい生活を送っている方も割と多いので生活音での近所トラブルも起きにくいです。メリットに関しても理解しているところだと、高齢でも借りやすくなっています。

高齢でも借りやすい物件は増えている

シニア相談可能など高齢の入居を積極的に募集している物件はそれほど多くはないですが、今後もこの問題は深刻化すると予測されていて国も動き出していますし、高齢者向けの賃貸で新しいビジネスチャンスとして考えている大家も増えてきています。

例えば高齢でもスムーズに借りるためには身体的と金銭的なリスクを解消する必要があり、身体的なリスクは近くに子ども夫婦が住んでいるなら大家も安心です。金銭的なものは仕事をしている子供たちが連帯保証人になることで審査に落ちる確率も減らせます。

また、高齢でも入居しやすいような制度などもあって、家賃債務保証は一般財団法人高齢者住宅財団が行っている居住支援サービスで、高齢者が賃貸を借りるときに当該財団が連帯保証人になってくれるという制度で入居審査も通りやすくなります。

高齢者向け賃貸住宅は、UR賃貸住宅が行っている支援制度で高齢者向けの優良賃貸住宅・特別設備改善住宅・健康寿命サポート住宅・シルバー住宅など高齢でも住みやすい環境と設備が整った物件です。元から高齢の方向けなので年齢が高いからという理由で審査に落ちることはありません。

 

一般的に池袋で不動産を借りようとしても、年齢に関しての制限がはっきりと決まっているわけではないです。ただ、高齢だと借りることは難しく年齢が高いほど断れることが多くなります。高齢で部屋を借りるときは、家族の協力や理解ある物件などに絞って探すことが重要です。

池袋不動産コラム