池袋で親切丁寧に対応してくれる不動産屋を徹底比較!

新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つ 池袋
池袋は新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つです。池袋駅を中心として大きな百貨店やルミネ池袋、東京芸術劇場や池袋パルコなどが立ち並び、東口西口共に繁華街が広がっています。

池袋駅は8路線からなる巨大な鉄道ターミナルであり、周辺には春日通りや要町通り、グリーン大通りなどの道路も集まっています。

そんなとても便利で賑わっている池袋周辺に住んでみたいと思ったことのある人は多いはず。しかしいざ物件を探すとなった時に不動産屋に強引な営業をされて、身を引いてしまった方もいらっしゃるかもしれません。

新生活は新しい住居探しから始まります。物件を探して回っている時が一番楽しいと言う人もいるほどです。せっかく池袋に住みたいと考えたのですから、新生活の状況を踏まえて物件を提案してくれる不動産屋であなたにぴったりの物件を見つけましょう。

こちらのサイトでは、池袋付近の不動産屋の中で親切丁寧に接客してくれる店だけを選んで紹介します。比較ランキング形式で徹底的に比較しますので、きっといい不動産屋が見つかることでしょう。

あなたにとっての新生活を、不動産屋選びから始めてみてはいかがでしょうか。

池袋の不動産ランキング!

リブスター
接客対応が大満足と口コミで評判の「リブスター」
比較ランキング第1位は、リブスター不動産です。

リブスターはオーナーとのしがらみがない為、仲介物件の選択肢が実質的に幅広くなっています。初めてのお引越しで何もわからない方や初めて池袋周辺に住む方にも周りの情報などを含めて手厚くサポートしてくれるので極めて安心できる不動産屋です。

また、インターネット上に物件を掲載しておらず、集客の全てをHPと口コミと評判だけに任せているのがリブスターの大きな特徴です。その為スタッフの接客対応が他の不動産屋と違い最初のヒアリングで時間をかけて色々と話しをして優しく的確なアドバイスももらえるのでその後信頼関係が生まれ安心して楽しく物件探しが出来るイメージです。さらにリブスターは予約制で行っているのでスタッフが丸一日時間を使って徹底的に条件に合った物件探しのサポートをしてくれます。ただ、注意することとしては予約した人が優先になるようなので忙しい時期は予約しないと対応が出来ない可能性があるようです。
住所
東京都豊島区西池袋2-40-1 トレピエビル1F
電話番号
03-6914-3720
定休日
水曜日
営業時間
10:00〜19:30
エイブル(池袋西口店)
テレビCMなどでも見かけるので知名度があり安心の「エイブル」
比較ランキング第2位は知名度の高い不動産屋、エイブルです。ほとんどの方はテレビCMなどでエイブルの名前を見かけたことがあるかと思います。知名度が高いぶんやはり安心感は抜群です。

エイブルは、全国展開でありながら地域密着型の不動産屋を実現していますので池袋周辺の物件のオーナーとの繋がりも深くなっています。それにより物件の担当者は物件の設備などに関して非常に詳しいという特徴があります。

しかし繋がりが深いぶん、取引のあるオーナーの物件ばかり勧められてしまうという傾向もあります。紹介される物件が池袋全体の物件情報の偏った部分のみになってしまう可能性もありますので注意が必要です。

エイブル池袋西口店は、池袋駅西口を出てすぐのところにありますので店舗の場所が非常にわかりやすく、店を訪れる際に迷うことはないでしょう。
住所
東京都豊島区西池袋1-19-6 松本ビル1F
電話番号
0066-969-2274
定休日
無休(年末年始除く)
営業時間
平日 12:00~18:30   土日祝 10:00〜18:30
イエプラ
見学まではチャットでやりとりの「イエプラ」
比較ランキング第3位は、見学までは外出不要、チャットでやりとりができる"チャット不動産"イエプラです。イエプラではチャットでやりとりができるため、わざわざ実店舗へ来店する時間を取らなくても物件資料を送ってもらうことができます。

部屋探しの第一歩として物件情報を集められることや、分からないことを尋ねるためにわざわざお店へ足を運ばなくていいことが決め手となり非常に便利なサービスです。またチャットの場合は深夜0:00までの受付は即返信をくれるようになっています。これにより仕事などが忙しく、夜しか部屋探しの時間が確保できない人にはとても使いやすくなっています。

不動産屋の担当者と対面して聞きづらいこともチャットならば気兼ねなく尋ねることができるのも大きなメリットと言えるでしょう。注意しなければならないこととしては、夜に提案される物件に関しては管理会社が営業時間外であるため、どうしても最新の情報ではなくなってしまうことです。

既に申し込みが入っていたり、細かい条件や初期費用などの正確な情報が分からない場合があります。
住所
東京都豊島区南池袋1丁目19-4
電話番号
0120-297-412
定休日
年中無休
営業時間
10:00〜21:00(イエプラのチャット受付時間は9:30〜0:00)
ソレイユ池袋店(旧:アエラス池袋店)
当日の連絡でもスムーズな対応が可能「ソレイユ池袋店(旧:アエラス池袋店)」
比較ランキング第4位は、ソレイユ池袋店(旧:アエラス池袋店)です。ソレイユ池袋店(旧:アエラス池袋店)の特徴として、対応のスピーディーさが挙げられます。

スタッフの数が多いので当日に連絡してもスムーズに対応をしてもらうことが可能となっています。少ない時間で数多くの物件の資料をどんどん出してくれるのも大きなポイントです。内見に行きたい場合も比較的スピーディーに対応してくれます。

純粋な不動産仲介業者としては支店の数が最も多く、主要な駅には高確率で支店があります。そのため様々な物件に関する情報交換を可能としています。そしてなんといっても安心感があるところが嬉しいですよね。

ソレイユ池袋店(旧:アエラス池袋店)には比較的若いスタッフが多く、とても元気があり明るい雰囲気のお店となっています。担当者の勢いや情熱といった部分では他者を圧倒するものがありますが、それ故にゆっくり落ち着いて物件を探したい方には不向きかもしれません。
住所
東京都豊島区南池袋1丁目21-7 南池袋一丁目一番地ビル 7階
電話番号
03-5911-0023
定休日
水曜日(他、年末年始・夏季休暇・GWなど)
営業時間
10:00~19:00(時間外対応出来る場合もあり)
ミニミニ(池袋店)
女性スタッフが多数在籍!女性の方でも安心して来店できる「ミニミニ」
比較ランキング第5位は、ミニミニです。ミニミニ池袋店には女性スタッフも多数在籍しているため、女性の方でも安心して店舗まで足を運ぶことができます。テレビCMでも放送されたりしており知名度があるので更に安心ですね。

ミニミニは不動産屋としては非常に広い店舗が自慢で、スタッフの数も多くなっています。ですから予約なしで来店してもある程度は対応してくれることが多いです。対象外のものもありますが、ミニミニの仲介手数料は基本的に家賃の50%となっています。

ですから他の不動産屋を選ぶよりも初期費用を安く抑えられることが期待できます。池袋の地理に詳しいスタッフが多く、池袋に住むにあたって参考になるアドバイスも聞けることでしょう。ミニミニ池袋店は飲食店に挟まれた場所にあり少しわかりにくい方もいらっしゃるかもしれません。

店舗を訪れる際は時間に余裕を持って行くようにしましょう。
住所
東京都豊島区南池袋1丁目18-17I&Kビル5F
電話番号
03-3984-3232
定休日
年中無休
営業時間
10:00〜18:00

よく読まれている記事

山の手3大副都心の一つである池袋

池袋は新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つです。池袋駅の周りには大きな百貨店やルミネ池袋、東京芸術劇場や池袋パルコなどもあります。交通の面から見ても池袋駅は8路線からなる巨大なターミナルになっており、その利便性は計り知れません。

周辺には春日通りや要町通り、グリーン大通りなどの道路も集まりまさに言うことなしの立地。そんな便利な池袋駅に住んでみたいですよね。繁華街の広がる池袋駅では駅の出口によって治安の良し悪しが変わります。

最も治安のいい場所は池袋駅南口周辺であり、次いで東口周辺、西口周辺となり最も治安が良くないのは北口周辺であると言われています。その理由として池袋駅北口周辺には風俗店やラブホテル、その他怪しげなお店が多く、それに伴い客引きや中国人が多いということが挙げられます。池袋で起きている犯罪の3割程度は北口周辺に集中しているそうです。

逆に池袋駅南口の周辺は夜中でも帰宅する方で人目があり、街灯も明るいので北口よりも治安が良くなっています。また目白方面に向け閑静な住宅街が広がっていることも池袋南口周辺の方が治安が良い理由の一つでしょう。

池袋のおすすめの不動産屋情報一覧

さて、ここで本サイトおすすめの不動産屋比較ランキングの情報を簡潔にまとめて一覧にしたので、一度おさらいしてみましょう。

それぞれ池袋の物件に精通しているので、特徴などをしっかり把握して十分に検討してみてください。

各不動産屋の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトも確認してみてください。

イメージ1
2
3
4
5
会社名リブスターエイブル(池袋西口店)イエプラソレイユ池袋店(旧:アエラス池袋店)ミニミニ(池袋店)
特徴予約制なので徹底的に物件探しをサポートオーナーとの繋がりが強いため物件に関して詳しいチャットでやりとりができる独自のネットワークを保持しているため広範囲のエリアで物件を紹介仲介手数料が家賃の50%
営業時間10:00〜19:30平日 12:00~18:30
土日祝 10:00〜18:30
10:00〜21:00
(イエプラのチャット受付時間は9:30〜0:00)
10:00~19:00
(時間外対応出来る場合もあり)
10:00〜18:00
定休日
水曜日
無休(年末年始除く)
年中無休
水曜日
(他、年末年始・夏季休暇・GWなど)
年中無休
アクセス南口から徒歩4分!西口を出てすぐ!チャットでやりとりをするので店舗を訪れる必要なし!中央東口から徒歩1分!東口から徒歩1分!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

私のおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

こうして一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいのではないでしょうか。

また、おすすめの不動産屋として、要望に応じた物件を紹介してくれるのは大前提ですが、営業時間やサポート体制にも違いが見えるので、自分の希望、理想にあった不動産屋を選びましょう。

どの路線を利用するかによって住む場所を選ぶと良い

池袋駅には山手線をはじめとし、埼京線や湘南新宿ライン、丸の内線など、全部で8つの路線が通っています。その交通アクセスの良さは言うまでもないでしょう。

池袋駅は構内がとても広いことで知られています。利用する路線によっては駅構内をかなりの距離歩くことになる場合もあります。

ですから自分が最もよく利用する路線を考え、そこから近い場所を選ぶことをオススメします。これだけで毎日の通勤時間を短縮できることでしょう。池袋は、各方面で発表される首都圏の住みたい街ランキングでは度々上位にランクインするほどの人気ぶりです。

新宿や渋谷に比べてリーズナブルな価格で部屋を借りることができるのも池袋の魅力ですね。また池袋付近には古代オリエント博物館やコニカミノルタプラネタリウム、ナンジャタウンやサンシャイン水族館など遊べる場所も満載です。

地方から友人が遊びに来た時にも案内する場所にも困りません。ビアガーデンなど池袋では様々なイベントが開催されています。こういった池袋の魅力を再確認すると、改めて住んでみたくなりますね。

池袋の不動産屋を訪れる前に

そんな魅力あふれる池袋ですが、冒頭に紹介したように山の手3大副都心の一つであり、交通の便もさることながら生活に困ることもほぼなく、非常に人気が高い場所となっています。

近隣に立教大学や東京福祉大学、淑徳大学など教育機関も多数あり、特に一人暮らしで賃貸を希望している学生などにも人気があるようです。そのため、賃貸アパートやマンションなどの需要も高く、いざ物件探しをしようとしても、リブスターやエイブル、イエプラをはじめいたるところに不動産屋が乱立している環境にあります。

池袋近隣に詳しい方であれば特に問題はなさそうですが、初めて一人暮らしをする方や地方から上京してきた方は困惑してしまうことでしょう。下手したらよくわからないまま見つけた不動産屋に入り、おすすめされるがまま手続きを済ませてしまうこともあるかもしれません。ではどういった不動産屋がおすすめなのでしょうか?

知名度や立地、お店内やスタッフの雰囲気など不動産屋を選ぶ上で気にする点はさまざまだと思いますが、選ぶ際に一番おすすめしたいのが「親切な対応をしてくれるか」ということです。

繰り返しになりますが、池袋には数多くの不動産屋があります。リブスターやエイブルなど当サイトで紹介している親切な不動産屋もあれば、対応が悪く、不快な営業をしてくる不動産屋ももちろんあります。

気になるお店があれば、実際に入ってみてスタッフの話を聞いてみることも1つですが、当サイトの情報やネットで口コミや評判などを調べてみて、事前に丁寧な対応をしてくれる不動産屋かどうか知ることがおすすめです。

池袋の家賃相場は?

池袋周辺の家賃相場はどのくらいなのでしょうか。池袋周辺の家賃相場の目安として、ワンルームで約7.9万円、1Kで約8.9万円、1DKで約11.3万円、1DKは約15.3万と言われています。

あくまで目安ですので詳しくは各不動産屋でお尋ねください。

池袋周辺は治安の良し悪しにより相場が変わります。基本的には北口の方が安く、南口の方が高くなっていますのでぜひ参考にしてみてください。

さて、こちらのウェブサイトでは池袋周辺で接客が親切丁寧な不動産屋を5つ比較ランキング形式で紹介しました。気になる不動産屋はありましたでしょうか。

せっかく池袋に住みたいと思っても接客が良くなかったり強引な営業を受けてしまうような不動産屋では気持ちも冷めてしまいますよね。せっかく住むのならば、求めている条件で納得いく物件を選びたいものです。

こちらで紹介した不動産屋の中にも対応がスピーディーなお店や物件探しに情熱を持っているスタッフがいるお店、チャットでの連絡が可能で内見までは家から出なくてもOKなサービスなどその種類は様々でした。いずれかを利用することできっとあなたにぴったりの物件が見つかるでしょう。

細かい条件や希望を担当者の方に伝えるのはもちろん、池袋に住む上で不安なことや聞いておきたいことは気兼ねなく相談してみましょう。きっと親切丁寧に答えてくれるはずです。

池袋で賃貸物件を扱う不動産屋の選び方

賃貸物件を扱っている不動産の選び方

今まで何回か引っ越しをした、不動産屋さんに依頼した、という経験の持ち主なら不動産屋さんの見極め方はさほど難しくないかもしれません。
ところが初めて依頼する、池袋や場所を限定したエリアで不動産屋さんに依頼したい場合、何を目安にすればよいのでしょうか。
こんな疑問に答えるべく、ここでは池袋で賃貸物件を扱う不動産屋さんの選び方についてご紹介します。

これから選ぶ予定のある方、選び方がわからない方はぜひ参考にしてみてください。

よくありがちな物件数NO.1・地域で一番物件を持っているという広告

営業妨害をする訳ではありませんが、よく上記のような広告をしている不動産屋さんがあります。
実は不動産の物件情報はレインズというDB(データベース)で情報管理されています。
ここに問題がありますが、実は自前で持っている物件情報だけで営業する不動産屋さんは皆無です。

まるで営業妨害のような言い方ですが、つまり自前の物件数はあまりなくて、誰もが(不動産仲介業なら)閲覧できて紹介できる物件を元に営業展開しているのが当たり前の世界です。

さらに仲介手数料が半額や無料という広告はすでにその手数料が入った額で展開されているケースが多く、一見安そうに見えても2年縛りで元が取れるようになっている場合もあります。
しかし選び方によってはどんな不動産屋さんでも同じ結果になります。
初期費用がいくら安くても、物件数が多くても、その方が納得しない物件なら意味がありません。

部屋探しは色々な情報や複数の不動産屋さんを回ってみて、自分が気に入ったらそれに広告が付いていた、といった程度で選んだほうが損はしません。

駅前にある不動産の罠とは?

駅近、駅から徒歩1分という好立地にある不動産屋さんはどうなんでしょうか?池袋でも数多くの大手不動産屋さんは駅から数分の距離にあります。
必ずしもこの立地が悪いという訳ではありません。
ただし駅近(特に池袋などは)の不動産屋さんが支払うオフィスの賃貸料は馬鹿高いというのが相場です。

つまり数多くこなしている、営業マンにもノルマがある、広告料が入った賃貸物件を捌こうとするという特徴があります(もちろんそうとは限らないこともあります)。
特に注意したいのが「今決めないと後でこんなよい賃貸物件はない」と言ってくる例です。
これは要注意です。

もちろん駅近で沢山物件があり、色々な条件を丁寧に処理してくれる営業マンがいるなら、それに越したことはありません。

ネットで探してから池袋のリアルな店舗に行く方法がベスト!

物件をバーチャルな不動産情報サイトが掲載しています。
よく見るのがアットホームというサイトです。
もちろんスーモやホームズも掲載量は多いのですが、実質的にはアットホームが良心的です。

そして実際にリアルな不動産屋さんに行くときは、過度な広告をしていないところを選ぶのがベターです。

また路上に不動産屋が看板(掛け看板は別)を設置するのは本来いけない行為なのです。
よく小さい不動産屋さんにありがちなのが路上にまではみ出して物件情報を出していますが、これはコンプライアンスに違反しています。
そんな厳しいことを、と言われるかもしれませんが、その程度も守れないようだと後々のことも不安になりませんか?池袋で不動産屋さんを選ぶならそんな部分も注意して選んでみましょう。

また最近ではカフェ風店内にリラックスしながら選べる、という触れ込みの店舗も出てきました。
でもやることは一緒です。
リラックスしていようがいまいが、イメージが良くても悪くても、結局その不動産屋さんがどれだけ真面目に情報を多く提供してくれるかにかかっています。

自分の依頼や希望を無視したり、逆にそれを超えてもっと良い発想で提案してくれる営業マンがいるお店なら信頼ができます。
全くノーアイデアでお店に行ったとしても、最終的には自分が満足できる物件を複数提案してくれる、急がせないお店なら信頼できるでしょう。

賃貸物件に住むとなった場合の注意点や退去を行う場合の注意点

いざ引っ越しを行うとなった場合様々な事に頭を悩ませるものですが、その中でも一番頭を悩ませるものは引っ越しにかかる費用ですよね。不動産屋で賃貸契約を結ぶとなった場合にかかる費用は敷金・礼金・仲介手数料・家賃の前払い等どんなに安い物件に引っ越しを行ったとしても10万~20万円程の費用は発生してしまうものです。

しかし一番最初に支払う費用も重要ではありますが、不動産屋での契約は退去時にもムダな費用を発生させない・トラブルを発生させないようにすることも非常に重要ではあります。「契約時にかかった費用を安く抑えられたが退去費用は大きく発生してしまった。」のではあまり意味がありませんし、不動産屋での契約は退去を行うタイミングの方がトラブルが発生しやすいものですので、少し退去時にムダな費用を発生させないコツに関してお話をしましょう。

敷金とは何か?何に使用される?

まず第一にですが、「敷金」とはどのようなものなのかを皆さん正確に把握しておられるでしょうか?かつての私がそうでしたが敷金を、「引っ越しを行う場合、不動産屋に必ず支払う必要のある費用」ぐらいの認識でそこまで詳しくは把握できていないという方は多いかと思います。

敷金とは借り主が大家さんや保証会社に対して一時的に預けておく保証金のようなものなのです。ここで「預ける」という表現を使用した理由は、一般的に敷金は賃貸契約を解除し退去するとなった場合に自分に返ってくる費用とされているからです。

敷金がどのような事に使用されるかというと大きく分けて3つあり、敷金は、借り主が家賃の支払いを行えずに滞納してしまった場合の充当、お部屋の備品や設備を破棄・破損してしまった場合の充当、賃貸契約を解除した際のお部屋のクリーニング代へと使用がされます。

家賃の滞納はその名の通りですので特に説明は行いませんが、備品や設備の破損・破棄、退去時費用の支払いに関しては比較的トラブルにも遭遇しやすいものですのでお話をしてみましょう。

「ガラス」に関するトラブルは多い!?

不動産屋の備品や設備に関するトラブルで最も多いとされるトラブルが「ガラス」の破損・破棄です。ガラスは窓だけでなく浴室の出入り用の扉にも使用されるものなども含みます。皆さんすぐにパッとイメージが浮かぶかと思いますが、浴室の出入りに使用される扉は不透明で決して透明なものではないですよね?実はこの不透明なガラスこそが後々トラブルを発生させる原因へと繋がりやすいのです。

ガラスは意外に脆い上に衝撃に弱く、地震が発生したり激しい気温の変化が起きた際などに知らず知らずの内にヒビが入ってしまうものです。窓に使用されるような透明なタイプのガラスであればヒビが起きてしまった際などすぐにでも変化に気付けるものですが、浴室の扉に使用されるような不透明なガラスの場合ヒビが入ったとしてもなかなか気付きにくいものです。

万が一お部屋を退去するタイミングでガラスのヒビに関して報告を行った場合、クリーニング代とは別にガラス代を別途保障費用として要求される可能性が高いです。入居時にしっかりと傷やヒビの付いていないガラスの写真を撮影していたのであればガラス代を支払わずとも大丈夫にしてくれる不動産屋や仲介業者もありますが、ガラス代を保障するとなった場合1枚3万円程の保障費用が発生するのが一般的ですので注意が必要です。

万が一賃貸物件を契約中にガラスを含め備品や設備に関して破損等が発生した場合には、速やかに賃貸物件の管理会社に連絡を行うようにしましょう。自身に過失が無いことが証明されたら当然無料で備品や設備の補修を行ってくれます。地震が発生した直後などに連絡を行えば変に疑われることもなくやり取りもスムーズに済むので、「このヒビ、最初からあったけ?無かったけ?」とならないように常にガラスや備品の状態は把握しておくのがオススメです。

退去費用の相場や注意点を把握しよう

そして退去時のクリーニング代に関してですが、これも非常に様々な注意点を把握しておく必要があります。実は賃貸物件というのは長く住めば住むほど退去時のクリーニング費用が少なくなるものなのです。長く住めば住むほどクリーニング代を多く支払う必要があると勘違いされている方は多いですが、実際は減価償却の兼ね合いがあって安く済むというのが正しいのです。そのため賃貸物件は「長く住めば住むほどクリーニング代は安く済む」と簡単にでも覚えておきましょう。

また気になる退去時のクリーニング費用の相場ですが、一般的な1Rや1K等のせいぜい20㎡前後の物件の場合で2万円~3万円ほどの費用が発生するのが一般的です。契約を行った際に、「エアコン等のクリーニング代は別途借り主側で負担するものとする」などと特約を設けられていた場合などはプラスして1.2万円ほどの費用が発生する場合もありますが、1Rや1Kの物件であればどんなに高いクリーニング代が発生したとしても5,6万円程度には済ませられるものです。

そのため業者や管理会社が退去費用の見積もりを立てる際にはしっかりと立ち会うようにしましょう。無知を理由に数十万円以上の高額な退去費用を請求されるケースも珍しくはないため、少し退去費用が高すぎないか?と感じたならその場で下手に同意はせず、再度見積もりを立ててもらうのが無難です。納得できないまま見積書に同意の捺印を押すことだけは辞めるようにしましょう。

以上が賃貸物件の契約期間中に注意をしたいこと・退去時に注意したい点のまとめとなります。理想の不動産屋やお部屋を見つけるのも重要ではありますが、引っ越しを行うということは同時に今住んでいる物件から退去することにもなります。退去時のトラブル等に関しても把握しておくことによって、より理想的な生活を送れるようになるでしょう。

池袋不動産ランキング!
リブスター
エイブル(池袋西口店)
イエプラ
ソレイユ池袋店(旧:アエラス池袋店)
ミニミニ(池袋店)
池袋不動産コラム